「新華社」感染リスク少ない浙江省安吉県、操業再開で就業と貧困扶助を実現
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」感染リスク少ない浙江省安吉県、操業再開で就業と貧困扶助を実現 中国浙江省湖州市安吉県黄杜村は、同省有数の白茶の産地で、農民1人当たりの収入の9割以上は白茶によりもたらされている。17万ムー(約1万1300ヘクタール)の茶園が広がる安吉県には例年、県外から約20万人の茶摘み工が訪れるが、今年は新型コロナウイルスによる肺炎の影響で、茶園内に人の気配はない。感染リスクが比較的少なく、国が指定する貧困扶助地域でもある同県は、従業員を優先的に募集する地区を指定することで、操業再開時の就業と貧困扶助の双方を実現し、期日通りの再開を目指す。(記者/李亜彪、殷暁聖)<映像内容>茶園の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 風景 景観 空撮 ドローン 農業 中国浙江省 中国浙江省湖州市 同省有数 安吉県黄 安吉県黄杜 感染リスク 扶助地域 操業再開 新型コロナウイルス 浙江省安吉県 浙江省湖州市 浙江省湖州市安吉県 湖州市安吉県 湖州市安吉県黄 茶摘み工 貧困扶助 貧困扶助地域

映像情報

撮影日
2020/03/02
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
02分22秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4