「新華社」国家1級保護動物のイヌワシ、自然に戻る内モンゴル自治区
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」国家1級保護動物のイヌワシ、自然に戻る内モンゴル自治区 中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ソニド右旗森林公安の警察官が2月25日、保護していたイヌワシ1羽を放した。イヌワシは国家1級保護動物。保護された個体は地元の人民公安に勤務する警察官がパトロール中に発見した。発見時に外傷はなかったが、飢えて体力を失っていた。警察官が派出所に連れ帰って手厚い世話をしたところ、数日間で体力を回復し、自然に戻っていった。(記者/劉懿徳)<映像内容>イヌワシを保護、自然に戻す様子、撮影日:2020(令和2)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 動物 生き物 野生 イヌワシ シリンゴル盟 シリンゴル盟ソニド右旗 シリンゴル盟ソニド右旗森林 ソニド右旗 ソニド右旗森林 ソニド右旗森林公安 パトロール 中国内モンゴル自治区 中国内モンゴル自治区シリンゴル盟 人民公安 保護動物 内モンゴル自治区 内モンゴル自治区シリンゴル盟 内モンゴル自治区シリンゴル盟ソニド右旗 森林公安

映像情報

撮影日
2020/02/25
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
01分47秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4