「新華社」冬季五輪保障プロジェクト、張家口競技エリアで初めての建設再開
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」冬季五輪保障プロジェクト、張家口競技エリアで初めての建設再開 中国の河北省華奥病院および張家口市第二病院外傷診療センターの建設がこのほど再開された。新型コロナウイルスによる肺炎の発生以降、2022年北京冬季五輪張家口競技エリアの76の保障プロジェクトのうち最も早い建設再開となった。両病院は冬季五輪開催期間中、選手やスタッフらに外傷の応急処置や重症治療を主とする医療・中継サービスを提供する。張家口市で最初に再開された冬季五輪保障プロジェクトの建設を継続するため、同市経済開発区は封鎖式感染対策を講じ、現場検査や職場復帰の効率化、専門グループによる分業と連携を進めるなどの措置を取っている。(記者/曲瀾娟)<映像内容>冬季五輪保障プロジェクトの建設、病院建設の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 2022年北京冬季五輪 建設 工事 新型肺炎 新型コロナウイルス グループ サービス スタッフ センター プロジェクト 中継サービス 五輪保障 五輪保障プロジェクト 五輪開催期間 保障プロジェクト 冬季五輪 冬季五輪保障 冬季五輪開催期間 北京冬季五輪 北京冬季五輪張家口 北京冬季五輪張家口競技 医療中継 医療中継サービス 同市経済開発 外傷診療 外傷診療センター 専門グループ 建設再開 張家口市 張家口市第二病院 張家口市第二病院外傷 張家口競技 張家口競技エリア 応急処置 感染対策 河北省華 河北省華奥 現場検査 病院建設 競技エリア 第二病院 第二病院外傷 第二病院外傷診療 経済開発 職場復帰 華奥病院 診療センター 重症治療 開催期間

映像情報

撮影日
2020/03/03
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分03秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4