ポルトガル情緒あふれる世界遺産、セナド広場を訪ねて
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

ポルトガル情緒あふれる世界遺産、セナド広場を訪ねて  2月26日、セナド広場に面して建つポルトガル風の建物。中国マカオ特別行政区のセナド広場は2005年、「マカオの歴史地区」として世界文化遺産に登録された。広場の中央に噴水があることから、地元市民から「噴水広場」と呼ばれている。マカオの中心に位置し、周囲には典型的な欧州風の建物が並び、異国情緒あふれる同広場は、マカオ旅行で外せない観光スポットになっている。(マカオ=新華社記者/張金加)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 風景 街並み 観光 ポルトガル ポルトガル情緒 マカオの歴史 マカオの歴史地区 マカオ旅行 マカオ特別行政区 世界文化遺産 世界遺産 中国マカオ特別行政区 噴水広場 地元市民 異国情緒 観光スポット

画像情報

登録日時
2020/02/26 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3712×5568 pixel
解像度
350 dpi
展開サイズ※
59.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ