「新華社」物流の情報化で操業再開を後押し江西省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」物流の情報化で操業再開を後押し江西省 中国江西省高安市は物流・運輸を伝統的な基幹産業としており、常時20万人を超える人々が貨物輸送に従事している。物流産業で問題となっている情報伝達の遅れを解決するため、同市は通行者・物流情報プラットフォームを構築することで物流分野の情報化を進め、貨物輸送車両の使用率を引き上げた。プラットフォームは配車の高度化を実現するだけでなく、最も効率的なルート設定を行ことができ、企業の物流コスト削減に役立っている。物流情報のネットワーク化は企業の需要と車両のマッチング効率を向上させ、操業を再開した企業の迅速な原料購入や注文書の送付に有効に機能した。新型コロナウイルスによる肺炎の影響で、一部企業によるオフラインの物流需要の取り次ぎが滞る問題に対し、江西省工業園区ではスマートクラウドプラットフォームの操業・生産再開システムにより、操業を再開した企業の物流、雇用、資金面の需要解決を支援している。(記者/郭傑文、鄔慧穎)<映像内容>物流分野の情報化、通行者・物流情報プラットフォームを構築、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 物流 IT 科学 技術 クラウド オフライン システム スマートクラウドプラットフォーム ネットワーク プラットフォーム マッチング マッチング効率 ルート設定 中国江西省 中国江西省高安市 再開システム 原料購入 取り次ぎ 基幹産業 後押し江西省 情報プラットフォーム 情報伝達 操業再開 操業生産 操業生産再開 江西省工業 江西省工業園 江西省高安市 物流コスト 物流コスト削減 物流分野 物流情報 物流情報プラットフォーム 物流産業 物流運輸 物流需要 生産再開 生産再開システム 貨物輸送 貨物輸送車両 需要解決

映像情報

撮影日
2020/03/05
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分01秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4