中国でデジタル決済利用者が増加人との接触減らし感染防止
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

中国でデジタル決済利用者が増加人との接触減らし感染防止  2月29日、遼寧省瀋陽市皇姑区のコンビニエンスストアで、チャットアプリ微信(ウィーチャット)を利用して2次元バーコードをスキャンし、支払いをする来店客。中国で新型コロナウイルスによる肺炎が突然流行し、人々の生活を変えた。人と人の直接的接触をできる限り減らし、紙幣を通じてのウイルス感染を防止するため、店側が提示した代金支払い用の2次元バーコードをスキャンするモバイル決済が、すでに人々の暮らしの中で常態になっている。(瀋陽=新華社記者/崔師豪)=2020(令和2)年2月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス IT 科学 技術 電子決済 モバイル決済 QRコード 2次元バーコード QRコード ウィーチャット ウイルス感染 コンビニエンスストア スキャン チャットアプリ デジタル デジタル決済 デジタル決済利用者 バーコード モバイル 代金支払い 感染防止 決済利用者 瀋陽市皇姑区 遼寧省瀋陽市 遼寧省瀋陽市皇姑区

画像情報

登録日時
2020/02/29 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3024×4032 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
34.8(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ