無人配送車が感染対策スタッフに食事を配達広東省深圳市
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

無人配送車が感染対策スタッフに食事を配達広東省深圳市  5日、深圳市坪山区の自動車道路を走行する電動無人配送車「夸父」。中国広東省深圳市の一部の感染対策検査ポイントではこのところ、電動無人配送車がスタッフの1日3回の食事を配達している。配送車は「夸父(こほ)」の名を持ち、同市のハイテク企業、一清創新科技が坪山街道弁事処に無償で提供した。同車両の片道配送距離は2キロ、最高時速が30キロとなっており、目的地に着くと音を鳴らして食事を受け取るよう知らせる。(深圳=新華社配信/張彦涌)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 無人配送車 IT 科学 技術 食事 配達 スタッフ ハイテク ハイテク企業 ポイント 中国広東省 中国広東省深圳市 坪山街道弁事処 広東省深圳市 感染対策 感染対策スタッフ 感染対策検査 感染対策検査ポイント 最高時速 検査ポイント 深圳市坪山区 無人配送 片道配送 片道配送距離 自動車道路 街道弁事処 配送距離 配達広東省 配達広東省深圳市 電動無人 電動無人配送

画像情報

登録日時
2020/03/05 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
696×1239 pixel
解像度
192 dpi
展開サイズ※
2.4(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ