「新華社」中国内陸部最大の淡水湖が禁漁期間に新疆ウイグル自治区
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中国内陸部最大の淡水湖が禁漁期間に新疆ウイグル自治区 中国内陸部最大の淡水湖ボステン湖は1日、禁漁期間に入った。同湖は新疆ウイグル自治区タリム盆地の北東縁部に位置し、湖面の面積は千平方キロメートルを超える。水産物が豊富で、同自治区を含む中国西北地域で最大の漁業生産拠点であるとともに、中国最大の有機魚生産水域でもある。湖で取れる32種類の魚のうちソウギョ、フナなど10種類は国家環境保護部門の「有機魚」認証を取得している。気温上昇に伴い、ボステン湖の凍結した湖面が溶け始めると、魚たちは浅瀬で繁殖に入る。ボステン湖では毎年3月1日から6月20日までを禁漁期間とし、魚の産卵、ふ化期間に地元漁民が漁を行わないようにすることで、漁業の持続可能な発展につなげている。(記者/宿伝義)<映像内容>禁漁期間に入ったボステン湖の風景、撮影日:2020(令和2)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 風景 景観 空撮 ドローン 禁漁 漁業 ふ化期間 ソウギョ タリム盆地 ボステン ボステン湖 中国内陸部 中国内陸部最大 中国最大 中国西北 中国西北地域 内陸部最大 国家環境保護 国家環境保護部門 地元漁民 新疆ウイグル自治区 新疆ウイグル自治区タリム盆地 気温上昇 淡水湖ボス 淡水湖ボステン 漁業生産拠点 環境保護 環境保護部門 生産拠点 生産水域 禁漁期間 西北地域 魚の産卵

映像情報

撮影日
2020/03/01
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
01分06秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4