「新華社」国家級海洋牧場、操業全面再開浙江省温州市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」国家級海洋牧場、操業全面再開浙江省温州市 浙江省温州市洞頭区鹿西郷にある国家級海洋牧場モデル区、白竜嶼海洋牧場には、海域面積650ムー(約43ヘクタール)のフウセイ(大黄魚)の養殖場がある。同施設はここ数日、新型コロナウイルスによる肺炎の影響で遅れていた春節明けの従業員の職場復帰が進んだことで、感染対策に万全を期しながら操業を全面再開させた。各地の水産市場への商品供給も正常化した。同施設では操業再開後、人が密集する機会を減らし、従業員の感染リスクを低減するため、交代制で勤務を行っている。従業員は必ず検温し、体温が正常であることを確認した上で持ち場に就くようにしている。養殖魚の供給が再開した今、新型肺炎の打撃を受けた卸売市場の回復が待たれる。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>操業を再開した白竜嶼海洋牧場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 風景 景観 空撮 漁業 仕事 操業再開 フウセイ 全面再開 全面再開浙江省 再開浙江省 再開浙江省温州市 卸売市場 商品供給 嶼海洋牧場 感染リスク 感染対策 操業全面 操業全面再開 水産市場 洞頭区鹿西 洞頭区鹿西郷 浙江省温州市 浙江省温州市洞頭区 海域面積 海洋牧場 海洋牧場モデル 温州市洞頭区 温州市洞頭区鹿西 牧場モデル 白竜嶼海洋 職場復帰

映像情報

撮影日
2020/03/08
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分57秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4