「新華社」河北黄驊港、貨物取扱量が増加
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」河北黄驊港、貨物取扱量が増加 今年に入り新型コロナウイルスによる肺炎の感染状況や業界の閑散期による市場の低迷に直面する中、中国河北省の黄驊(こうか)港は、顧客開拓や運営製品の拡大、多元化した創出効果の拡大などにより貨物取扱量を増やし、今年第1四半期(1~3月)の「幸先良いスタート」を確実にした。同港は1月のボーキサイト取扱量が74万トンで、1カ月当たりの取扱量としては過去最高となった。河鋼物流黄驊港公司はボーキサイト貿易業者と共同で、ギニアから黄驊港までの国際貨物輸送航路を新たに開設。中原(黄河中・下流地域)内陸地域のアルミ加工企業のために良質な原料供給拠点を開発した。2月末現在、黄驊港の累計貨物取扱量は4436万7千トンで、累計コンテナ取扱量は72251TEU(20フィートコンテナ換算)だった。(記者/駱学峰)<映像内容>黄驊港の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 空撮 黄驊港 貨物 輸出 風景 アルミ加工 アルミ加工企業 コンテナ コンテナ取扱 コンテナ換算 スタート ボーキサイト ボーキサイト取扱 ボーキサイト貿易 ボーキサイト貿易業者 下流地域 中下流地域 中国河北省 供給拠点 内陸地域 創出効果 加工企業 原料供給 原料供給拠点 国際貨物輸送 国際貨物輸送航路 感染状況 新型コロナウイルス 河北黄驊 物流黄驊 累計コンテナ 累計コンテナ取扱 累計貨物 累計貨物取扱 貨物取扱 貿易業者 運営製品 過去最高 顧客開拓 驊港公司 黄河中下流

映像情報

撮影日
2020/03/07
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分20秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4