「新華社」新型肺炎の治療に活用される血管可視化装置
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」新型肺炎の治療に活用される血管可視化装置 新型コロナウイルスによる肺炎の治療の際、医療スタッフは厚く重い防護服や手袋を身に着けており、患者に注射や点滴をするのに不便が生じる。中国陝西省の西安中科微光影像技術が開発した赤外線血管可視化装置は、皮下血管の位置と深さが認識でき、臨床での穿刺の難しさや穿刺部位の不正確さなどの課題を解決した。スタッフが同装置を患者の皮膚表面に照射すると、探していた血管の分布画像が表示され、穿刺や採血を行う血管が見つけやすくなり、静脈穿刺の効率が向上する。装置には撮影やデータ保存機能もあり、臨床症例の収集や血管の病変評価にも役立つ。光の色は緑や青、紫などがあり、医療スタッフが状況に応じて、選んで利用できる。(記者/梁愛平)<映像内容>血管を可視化する装置を使う様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 医療 治療 血管 科学 技術 スタッフ データ保存 データ保存機能 中国陝西省 中科微光 中科微光影像 分布画像 医療スタッフ 可視化装置 影像技術 微光影像 微光影像技術 病変評価 皮下血管 皮膚表面 穿刺部位 臨床症例 血管可視化 血管可視化装置 西安中科 西安中科微光 赤外線血管 赤外線血管可視化 静脈穿刺

映像情報

撮影日
2020/03/11
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
23.976fps
再生時間
01分14秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4