特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  8日、栽培ハウスでシイタケの収穫作業をする河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 農業 貧困脱却 シイタケ ターゲット ビニールハウス ビニールハウス栽培 協同組合 収穫作業 太行山脈 家庭農場 支援河北省 栽培ハウス 河北省臨 河北省臨城 河北省臨城県 河北省臨城県趙 産地直送 脱却成功 臨城県趙 臨城県趙荘 貧困層支援 農業開発 農業開発企業 開発企業 食用キノコ

画像情報

登録日時
2020/03/08 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
4000×6000 pixel
解像度
350 dpi
展開サイズ※
68.6(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ