中国の新型コロナ感染状況、形勢は逆転WHO事務局長
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

中国の新型コロナ感染状況、形勢は逆転WHO事務局長  10日、新型コロナウイルス対策として中国がWHOに2千万ドル(1ドル=約105円)を寄付する協定を締結し、記念撮影に応じるテドロス事務局長(中央)と中国の国連ジュネーブ事務局・スイスのその他国際機関常駐代表の陳旭(ちん・きょく)大使(右)。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は10日、ジュネーブで新華社の取材に応じ、中国では最近になって新型コロナウイルスによる肺炎患者の減少傾向が顕著になり、形勢が逆転しウイルスが退却しているとの見方を示した。国際社会は中国が勝ち取った「チャンスの窓口」を十分活用し、ウイルスの広がりを早急に封じこめる必要があるとも述べた。また、今回の成果は中国政府の指導と人民の協力によるものだとの考えを示した。(ジュネーブ=新華社記者/劉曲)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 寄付 協定 締結 WHO ウイルス コロナ感染 コロナ感染状況 ジュネーブ ジュネーブ事務局 ジュネーブ事務局スイス チャンス テドロス テドロス事務局長 ロス事務局長 世界保健機関 中国政府 事務局スイス 事務局長 十分活用 国連ジュネーブ 国連ジュネーブ事務局 国際機関 国際機関常駐 国際機関常駐代表 国際社会 常駐代表 感染状況 新型コロナ 新型コロナウイルス対策 新型コロナ感染 減少傾向 肺炎患者 記念撮影

画像情報

登録日時
2020/03/10 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3536×5100 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
51.5(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ