上海市の宗教界、玉仏禅寺で合同義援活動
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

上海市の宗教界、玉仏禅寺で合同義援活動  18日、各界の合同義援活動の状況を説明する中国仏教協会副会長で同寺の住職の覚醒法師。中国上海市の玉仏禅寺の大雄宝殿前で18日午後、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に立ち向かうため、医療物資の寄贈式典が行われた。(上海=新華社配信/玉仏禅寺提供)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:玉仏禅寺/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 医療物資 寄贈 中国上海市 中国仏教 中国仏教協会 仏教協会 仏教協会副会長 協会副会長 合同義援 合同義援活動 大雄宝殿前 寄贈式典 感染拡大 義援活動 覚醒法師

画像情報

登録日時
2020/02/18 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
1999×3000 pixel
解像度
889 dpi
展開サイズ※
17.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ