高輪ゲートウェイ駅で稼働させるサービスロボット
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

高輪ゲートウェイ駅で稼働させるサービスロボット  JR東日本は9日、14日に開業する東京都港区の山手線・京浜東北線新駅「高輪ゲートウェイ駅」を報道公開した。新駅は約13ヘクタールの車両基地跡地に国際交流拠点を形成する「品川開発プロジェクト」の中核として、エキマチ一体のまちづくりを目指す。2024年のまちびらきを前に、東京五輪・パラリンピック開催を見据えた暫定開業。“未来の駅”と位置付けて無人コンビニや清掃、警備を担うサービスロボットなど最先端技術の導入にも挑戦する。テラスの大型ビジョンや、トイレで鏡に映像を投映するミラービジョン、近距離料金表の電子看板化などディスプレーを多用した。無人コンビニは店内の商品を手に取って、出口で決済する「ウォークスルー型店舗」を実用化。システム外販に向けてショールームの役割も担う。サービスロボや案内人工知能(AI)サイネージの実証にも取り組む。同日、三輪美恵執行役員は「世界中の最先端を集め、発信する駅にしたい」と話した。=2020(令和2)年3月9日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

タグ JR東日本 高輪ゲートウェイ駅 品川開発プロジェクト 東京五輪 JR東日本 まちづくり まちびらき ウォークスルー エキマチ エキマチ一体 ゲートウェイ コンビニ サイネージ サービス サービスロボ サービスロボット システム システム外販 ショールーム ディスプレー パラリンピック パラリンピック開催 ビジョン ミラービジョン 三輪美恵 三輪美恵執行役員 京浜東北線 京浜東北線新駅 人工知能 国際交流 国際交流拠点 執行役員 報道公開 大型ビジョン 山手線京浜東北線 山手線京浜東北線新駅 日刊工業新聞 暫定開業 最先端技術 東京五輪パラリンピック 東京五輪パラリンピック開催 東京都港区 案内人工知能 無人コンビニ 美恵執行役員 車両基地 車両基地跡地 近距離料金 電子看板 高輪ゲートウェイ

画像情報

登録日時
2020/03/09 09:16:52
種別
画像 / 資料
提供元
日刊工業新聞

データサイズ

画像サイズ
2513×3828 pixel
解像度
350 dpi
展開サイズ※
27.5(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ