ウンナンシシバナザルの赤ちゃんが新たに誕生雲南省白馬雪山国家級自然保護区
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

ウンナンシシバナザルの赤ちゃんが新たに誕生雲南省白馬雪山国家級自然保護区  赤ちゃんを抱くウンナンシシバナザルの「春分(チュンフェン)」。(2月25日撮影)中国雲南省白馬雪山国家級自然保護区響古箐(きょうこせい)でこのほど、ウンナンシシバナザルの母ザル「零甲(リンジャ)」が赤ちゃんを出産した。このサルの群れには1月25日からこれまでに4匹の赤ちゃんが誕生している。ウンナンシシバナザルは中国の固有種で、国家1級重点保護野生動物に指定され、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されており、パンダ同様、中国の「国宝」とされている。長江上流の金沙江と瀾滄江の間の約2万平方キロメートルの狭い地域に生息し、現在の個体数は3千匹以上となっている。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

タグ 動物 生き物 赤ちゃん IUCN きょうこ きょうこせい ウンナン ウンナンシシバナザル シシバナザル チュンフェン ファイルサイズ リンジャ レッドリスト 中国雲南省 中国雲南省白馬雪山 保護野生動物 国際自然保護連合 白馬雪山 白馬雪山国家 絶滅危惧種 自然保護区 自然保護区響 誕生雲南省 誕生雲南省白馬雪山 重点保護 重点保護野生動物 野生動物 長江上流 雲南省白馬雪山 雲南省白馬雪山国家

画像情報

登録日時
2020/02/25 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
1440×1080 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
4.4(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ