「新華社」農業テクノロジーが春の農作業を後押し河北省衡水市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」農業テクノロジーが春の農作業を後押し河北省衡水市 新型コロナウイルスの感染予防・抑制期間中に、中国河北省衡水(こうすい)市冀州(きしゅう)区では手作業による農薬散布の代替手段として植物保護ロボットを活用することで、農作業の効率を大幅に上げている。植物保護ロボットは散布幅8メートル、タンク容量120リットルで、走行、スマート伝達、散布、動力の四つの系統からなる。全地球測位システム(GPS)の活用で、オペレーターは離れた場所でディスプレーを見ながら操作ができる。植物保護ロボットの導入は、農村の労働力不足の解消や従来型農薬散布モデルの効率を改善し、小規模農家と現代農業の効果的な連携をいっそう推し進めている。(記者/張碩)<映像内容>ロボットを使った農薬散布の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 農業 ロボット IT 科学 技術 オペレーター スマート スマート伝達 タンク容量 テクノロジー ディスプレー 中国河北省 中国河北省衡 予防抑制 予防抑制期間中 代替手段 保護ロボット 全地球測位システム 労働力不足 後押し河北省 後押し河北省衡水市 感染予防 感染予防抑制 抑制期間中 散布モデル 植物保護 植物保護ロボット 河北省衡 河北省衡水市 現代農業 農業テクノロジー 農薬散布 農薬散布モデル

映像情報

撮影日
2020/03/12
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
01分30秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4