「新華社」5G技術を搭載したマスク生産ラインを開発浙江省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」5G技術を搭載したマスク生産ラインを開発浙江省 中国浙江省寧波市のロボット製造企業、浙江智昌機器人科技が研究開発した第5世代移動通信システム(5G)マスク生産ラインがこのほど、稼働した。モバイル5G技術を搭載した生産ラインは1日当たり10万枚のマスクが生産可能で、マスク製造企業の生産能力を大幅に向上させる。浙江智昌機器人科技の子会社、寧波易拓智譜機器人では、5Gマスク生産工場内にある1本の自動化生産ラインが整然と稼働している。5G技術により、マスクの生産量が大幅に増えるだけでなく、品質もさらに制御できるようになる。新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、浙江智昌機器人科技はマスク生産ラインの研究開発特別チームを結成。20日間かけて5Gマスク生産ラインを開発した。同生産ラインは現在、寧波市や紹興市、杭州市など浙江省内の企業だけでなく、同省以外の多くのマスク製造企業からも注文が来ている。(記者/鄭夢雨)<映像内容>5Gマスク生産ラインの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 5G マスク 生産 IT 科学 技術 マスク生産 マスク生産ライン マスク生産工場 マスク製造 マスク製造企業 モバイル ロボット ロボット製造 ロボット製造企業 中国浙江省 中国浙江省寧波市 智昌機器 智譜機器 浙江智昌 浙江智昌機器 浙江省寧波市 生産ライン 生産工場 生産能力 研究開発 自動化生産 自動化生産ライン 製造企業 開発浙江省

映像情報

撮影日
2020/03/13
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
23.976fps
再生時間
01分50秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4