「新華社」区や県の幹部、「ライブコマース」で農家の生花販売を支援雲南省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」区や県の幹部、「ライブコマース」で農家の生花販売を支援雲南省 新型コロナウイルスの感染による肺炎流行の影響を受けた中国の農産品のオフライン流通経路は現在、まだ回復途上にある。花農家の苦境を救おうと、雲南省では区長や県長が「ライブコマース」に登場、現地農家の生花販売を支援している。ある電子商取引プラットフォームでは、雲南省昆明市晋寧(しんねい)区の徐波(じょ・は)区長がライブコマースに出演、消費者に地元の自然環境と生花を紹介した。また紅河ハニ族イ族自治州瀘西(ろせい)県の莫偉(ばく・い)県長もこのほど、「農民支援ライブコマース」を行い、同県で栽培されているガーベラのセールスを行った。この二つのライブコマースで、合わせて160万人のネットユーザーがオンラインで「花見」を楽しんだ。晋寧区の花卉(かき)の栽培面積は6万ムー(約4千ヘクタール)近くで、切り花の生産量は年間40億本近く、世界の50余りの国や地域に出荷されている。瀘西県で栽培されているガーベラは各地の顧客から好評を博している。(記者/孫敏)<映像内容>ライブコマースで生花販売を支援、花農家の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 農業 IT オフライン オフライン流通 オフライン流通経路 オンライン ガーベラ セールス ネットユーザー プラットフォーム ライブコマース 回復途上 支援ライブコマース 支援雲南省 昆明市晋 昆明市晋寧 栽培面積 流通経路 現地農家 生花販売 紅河ハニ族イ族自治州 紅河ハニ族イ族自治州瀘 紅河ハニ族イ族自治州瀘西 肺炎流行 自然環境 農民支援 農民支援ライブコマース 雲南省昆明市 雲南省昆明市晋 電子商取引 電子商取引プラットフォーム

映像情報

撮影日
2020/03/13
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分18秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4