生態環境に改善の兆し草原にイヌワシ現る内モンゴル自治区
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

生態環境に改善の兆し草原にイヌワシ現る内モンゴル自治区  11日、内モンゴル自治区シリンゴル盟ソニド右旗賽罕烏力吉ソムの草原でエサを探すイヌワシ。タカ目タカ科に属するイヌワシは、中国国家1級保護動物に指定されている。近年、内モンゴル自治区シリンゴル盟ソニド右旗のソニド草原では、生態環境が改善されるに伴い、イヌワシ、ハヤブサ、アルガリなどの野生動物の姿がしばしば見られるようになった。(シリンゴル盟=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 動物 生き物 アルガリ イヌワシ シリンゴル盟 シリンゴル盟ソニド右旗 シリンゴル盟ソニド右旗賽 ソニド右旗 ソニド右旗賽 ソニド右旗賽罕 ソニド草原 ハヤブサ 中国国家 保護動物 兆し草原 内モンゴル自治区 内モンゴル自治区シリンゴル盟 内モンゴル自治区シリンゴル盟ソニド右旗 生態環境 野生動物

画像情報

登録日時
2020/03/11 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
920×1538 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
4.0(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ