「新華社」江西省、企業の新ビジネスモデル構築を後押しピンチをチャンスに
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」江西省、企業の新ビジネスモデル構築を後押しピンチをチャンスに 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中国江西省では新たなビジネスモデルの構築を後押しし、企業の「免疫力」を向上させている。同省南昌市の化粧品メーカー「江西魅絲蔻化粧用品」は、単なる商品のオンライン販売とは異なる「電子商取引(EC)+生産・製造」モデルを採用。インターネットに軸足を置いた研究開発とマーケティングが奏功し、新型肺炎の流行で業界全体が低迷する中、受注を伸ばしている。2月3日にオンラインで営業を再開してから、平均して1日おきに新商品を発売。この1カ月で5件の意匠権を申請した。企業にとって、新たなビジネスモデルの構築が発展の新たな方向性になりつつある。江西省では支援策を打ち出して、企業が引き続きコアビジネスに集中し、品質やブランドの構築に力を入れ、新たなビジネスモデルを構築するよう後押ししている。オンライン販売やライブコマースを活用することで、ピンチをチャンスに変え、新たな活力としている企業もある。ゲーム開発やインターネット広告、人工知能(AI)を手掛ける企業は、自宅で過ごす人々の娯楽に照準を合わせ、急速に売上高を伸ばした。江西省の一部企業は、新型肺炎に直面しながらも、新たなビジネスモデルを構築して収益を増やし、新たなビジネスシーンを開拓して、新たな市場を獲得している。(記者/余賢紅、黄浩然、郭傑文)<映像内容>新型肺炎感染拡大を受けてオンライン販売やライブコマースを活用する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 インターネット 新型肺炎 新型コロナウイルス オンライン販売 ライブコマース しながら インターネット広告 オンライン ゲーム開発 コアビジネス チャンス ビジネス ビジネスシーン ビジネスモデル ビジネスモデル構築 ブランド マーケティング 中国江西省 人工知能 化粧品メーカー 化粧用品 受けてオンライン 受けてオンライン販売 同省南昌市 後押しピンチ 感染拡大 新型肺炎感染拡大 江西魅絲 生産製造 直面しながら 研究開発 絲蔻化粧 蔻化粧用品 電子商取引

映像情報

撮影日
2020/03/18
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
23.976fps
再生時間
02分09秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4