「新華社」馬雲氏設立の公益基金、アフリカ54カ国に防疫物資寄付
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」馬雲氏設立の公益基金、アフリカ54カ国に防疫物資寄付 中国電子商取引(EC)大手アリババグループの創業者、馬雲(ジャック・マー)氏は16日夜、微博(ウェイボー)を通じ、同氏が設立した「馬雲公益基金会」と「アリババ公益基金会」がアフリカ54カ国にそれぞれマスク10万枚、防護服1千着、フェースシールド千個、検出試薬2万セットを寄付すると発表した。また、アフリカ各国の医療機関との協力により、新型コロナウイルス感染症の臨床治療に関するオンライン研修資料を提供し、現地の感染予防・抑制活動を支援することも明らかにした。馬氏によると、全ての支援物資はエチオピアの首都アディスアベバに到着後、同国のアビー首相が物流と分配を担当する。馬氏は「アフリカは医療資源が相対的に不足しており、感染が拡大すると大変な結果を招く。今回の災難は想像以上に深刻で長期的なもので、できる限りの準備をしなければならない」と述べた。アフリカでは、エチオピアなど26カ国で新型コロナウイルスによる肺炎の確定診断患者が報告されている。感染の拡大は医療衛生システムが脆弱なアフリカに新たな課題をもたらしている。アビー首相はツイッターで「馬氏がエチオピアと協力し、アフリカ諸国に1〜2万セット検出試薬と10万枚以上のマスクを提供してくれたことに厚く感謝する」と述べ、こうした物資と技術の支援がウイルスの拡散防止に極めて重要との考えを示した。両基金会はこれまで、日本、韓国、イランにそれぞれマスク100万枚を寄付したほか、イタリアやスペインなど感染が深刻な欧州各国にマスク180万枚と検出試薬10万セットを提供。米国にもマスク100万枚と検出試薬50万セットを発送しており、これらの物資は次々と各国に届いている。(記者/殷暁聖、張璇)<映像内容>馬雲公益基金会とアリババ公益基金会がアフリカ54カ国に支援物資を提供、撮影日:2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 支援物資 寄付 ASLエアラインズ 飛行機 機体 ロゴマーク ASLエアラインズ アディスアベバ アビー首相 アフリカ アフリカ各国 アフリカ諸国 アリババ アリババグループ アリババ公益 アリババ公益基金 イタリア ウイルス ウェイボー エアラインズ エチオピア オンライン オンライン研修 オンライン研修資料 システム シールド ジャックマー スペイン ツイッター フェース フェースシールド 中国電子商取引 予防抑制 予防抑制活動 公益基金 医療機関 医療衛生 医療衛生システム 医療資源 大手アリババグループ 感染予防 感染予防抑制 抑制活動 拡散防止 新型コロナウイルス感染 検出試薬 欧州各国 物資寄付 研修資料 確定診断 確定診断患者 臨床治療 衛生システム 診断患者 防疫物資 防疫物資寄付 電子商取引 首都アディスアベバ 馬雲公益 馬雲公益基金

映像情報

撮影日
2020/03/16
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分44秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4