「新華社」春摘みの季節到来、西湖竜井茶の摘採が一部開始浙江省杭州市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」春摘みの季節到来、西湖竜井茶の摘採が一部開始浙江省杭州市 中国浙江省杭州市の西湖竜井(ロンジン)茶原産地1級保護区では3月に入り、気温が上昇し続けるのに伴って春摘み茶の成熟が進み、すでに少量の竜井茶の摘採が散発的に始まっている。竜井茶は、摘採期が清明節(今年は4月4日)の前後に当たることと、茶葉そのものも品質に基づき、「明前茶」と「明後茶」に区別される。清明節前の気温は通常比較的低く、茶樹から発芽する葉の数も限られる上、成長速度も比較的遅いため、摘採基準に達する茶葉の生産量は非常に少ない。このことから「明前茶は金のように貴い」と言われてきた。同市には現在、56万ムー(約3万7千ヘクタール)の茶畑があり、うち49万6千ムー(約3万3千ヘクタール)で春摘みが行われている。昨年冬以降の気象条件は茶樹が安全に越冬するのに適していた。3月の気温は全体的に高めで、茶の発芽と成長に有利になるとみられている。今年は、市全体で春摘み茶の生産量が合計1万3千トンに達し、うち有名で高品質な茶が6割を占め、最高級ブランドとして知られる西湖竜井茶の生産量は約550トンになる見込み。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>浙江省杭州市の茶畑の風景、撮影日:2020(令和2)年3月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 風景 景観 空撮 ドローン 農業 茶畑 そのもの みの季節 みの季節到来 ブランド ロンジン 中国浙江省 中国浙江省杭州市 季節到来 成長速度 春摘みの 春摘みの季節 気象条件 浙江省杭州市 茶原産地 茶葉そのもの 葉そのもの 西湖竜井 西湖竜井茶 開始浙江省 開始浙江省杭州市

映像情報

撮影日
2020/03/17
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分58秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4