「新華社」遼寧交響楽団、遠隔合奏をネット配信話題集める
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」遼寧交響楽団、遠隔合奏をネット配信話題集める 中国の遼寧交響楽団がこのほどインターネットで配信した40人編成の遠隔合奏が、音楽ファンの間で話題を集めている。団員らはバイオリンやチェロ、トランペット、サックスなどを手に、自宅の書斎や居間、寝室などでバレエ曲「ボレロ」を演奏した。インターネットの回線を通して一つになった旋律の優美さは、味わい尽くせないほど素晴らしかった。同楽団は中国で知名度の高い交響楽団だが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、日本公演や全国ツアーを中止した。団員たちは自宅で練習を続けている。今回演奏した「ボレロ」は、自宅待機中の「宿題」だったという。(記者/姜兆臣)<映像内容>自宅待機中の遼寧交響楽団、練習の様子、撮影日:2020(令和2)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 音楽 演奏 自宅待機 インターネット サックス トランペット ネット配信 ネット配信話題 バイオリン 交響楽団 全国ツアー 感染拡大 日本公演 遠隔合奏 遼寧交響楽団 音楽ファン

映像情報

撮影日
2020/03/21
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
03分21秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4