「新華社」山西省の「地坑院」満開の花でいっぱいに
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」山西省の「地坑院」満開の花でいっぱいに 中国山西省、河南省などに見られる独特な民家の建築様式「地坑院」は、地面を四角形に掘り下げ、四方の壁面に穴を掘る手法で造られたことから、中国北部の「地下の四合院」とも呼ばれる。山西省運城市新絳(しんこう)県北侯村の住民劉春虎(りゅう・しゅんこ)さん(67)が住む地坑院は1952年に造られた。劉さんの家族は雨水による壁の浸食を防ぐため、地坑院の周囲にオウバイを植えており、毎年春になると満開の花が見頃を迎える。(記者/徐偉、馮宇)<映像内容>独特な民家の建築様式「地坑院」、オウバイが咲いている様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 建築 中国文化 空撮 しんこう りゅうしゅん オウバイ 中国北部 中国山西省 住民劉春 山西省運城市 建築様式

映像情報

撮影日
2020/03/13
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
01分41秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4