貧困者支援工場が操業再開、貧困脱却を促進甘粛省通渭県
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

貧困者支援工場が操業再開、貧困脱却を促進甘粛省通渭県  17日、従業員らが製造した服の完成品。中国甘粛省定西市通渭(つうい)県の探越(通渭)服装服飾は、ターゲットを絞った貧困者支援活動に積極的に参加し、貧困者の雇用を支援する工場を設立することで、地元の人々の雇用問題を地元で解決している。同工場は従業員約170人に対する安定的な雇用を進めており、そのうち貧困世帯に指定された従業員は約40%を占めている。工場は2月22日から操業・生産再開を加速し、人々の地元での雇用と増収の確保を目指している。(通渭=新華社記者/王銘禹)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 工場 操業再開 新型肺炎 新型コロナウイルス ターゲット 中国甘粛省 中国甘粛省定西市 促進甘粛省 操業生産 操業生産再開 支援工場 支援活動 服装服飾 甘粛省定西市 生産再開 貧困世帯 貧困脱却

画像情報

登録日時
2020/03/17 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
4480×6720 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
86.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ