苗栽培に大忙し春分迎えた「ジャガイモの里」寧夏回族自治区
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

苗栽培に大忙し春分迎えた「ジャガイモの里」寧夏回族自治区  20日、西吉県の万崖ジャガイモ科学技術モデルパークで、缶型容器で育てた無毒化苗を整理するスタッフ。二十四節気の春分に当たる20日、「ジャガイモの里」と呼ばれる中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、モデルパークのスタッフが無毒化したジャガイモの苗の栽培に励んでいた。ジャガイモは同県の特色ある「高品質産業」であり、今年は全県で80万ムー(約5万3千ヘクタール)のジャガイモ栽培が計画されている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 農業 ジャガイモ ジャガイモ栽培 ジャガイモ科学技術 ジャガイモ科学技術モデル スタッフ モデルパーク 中国寧夏回族自治区 二十四節気 原市西吉県 大忙し春分 寧夏回族自治区 崖ジャガイモ 崖ジャガイモ科学技術 科学技術 科学技術モデル 科学技術モデルパーク 高品質産業

画像情報

登録日時
2020/03/20 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3712×5568 pixel
解像度
300 dpi
展開サイズ※
59.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ