「新華社」パンダより希少な中国ビーバー、生息数500頭超える
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」パンダより希少な中国ビーバー、生息数500頭超える 動物界の「建築家」「生きた化石」と呼ばれるビーバーは、生態環境の改善に重要な役割を果たしている。中国新疆ウイグル自治区のアルタイ地区では、地元政府と民間公益団体の保護により、域内に生息するヨーロッパビーバーの中国固有種「蒙新河狸」(学名:Castorfiberbirulai)の数が500頭を超えた。新疆瞳之初自然保護協会の責任者、初雯雯(しょ・ぶんぶん)さんは「コクトカイ県のウルングル川流域でこのほど、5頭のビーバーが氷の上で食事をしているのを初めて観察できた」と語った。同協会は2018年からアルタイ地区林業局と共同でビーバーの生態観測と保護活動を行っている。ビーバーは生態環境の変化に非常に敏感だと言われる。蒙新河狸は中国で一級重点保護野生動物にしてされており、絶滅の危機に瀕したこともある。初さんは「蒙新河狸は生態環境を改善することができる。彼らが作るダムは小さな生息環境を形成し、多くの生物種を取り込み小さな生態循環を作り出している。同時に洪水のリスクも抑えることができる」と語る。アルタイ地区はここ数年、生態保護に力を入れている。野生動物の巡回保護制度を整備したほか、川辺の林で重点的にフェンスの設置や管理保護、植樹造林を実施したことで、ビーバーの生存環境は大きく改善された。最新の統計によると、域内の蒙新河狸の生息数は162群、510頭となっている。(記者/孫哲)<映像内容>野生のビーバーの様子、撮影日:2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 動物 生き物 生態 野生 Castorfiberbirulai しょぶんぶん ぶんぶん アルタイ アルタイ地区 アルタイ地区林業 ウルングル ウルングル川流 コクトカイ ビーバー フェンス ヨーロッパ ヨーロッパビーバー 一級重点 一級重点保護 中国ビーバー 中国固有種 中国新疆ウイグル自治区 保護制度 保護活動 保護野生動物 公益団体 地元政府 地区林業 巡回保護 巡回保護制度 新疆ウイグル自治区 植樹造林 民間公益 民間公益団体 生きた化石 生存環境 生息環境 生態保護 生態循環 生態環境 生態観測 管理保護 自然保護 自然保護協会 重点保護 重点保護野生動物 野生動物

映像情報

撮影日
2020/03/14
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分12秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4