「新華社」2021年FISフリースタイルスキー&スノーボード世界選手権大会のシンボルマーク発表
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」2021年FISフリースタイルスキー&スノーボード世界選手権大会のシンボルマーク発表 2021年国際スキー連盟(FIS)フリースタイルスキー&スノーボード世界選手権大会のシンボルマークが18日、インターネット上で正式に発表された。デザインは山並み、雪道、雪の結晶、会場となる中国河北省張家口市にある万里の長城の関所「大境門」、FISのロゴで構成されている。同大会は、FISが初めて中国で開催する世界選手権レベルの競技大会で、2022年北京冬季五輪・パラリンピックのプレ大会としては最大規模、最高レベルで、競技期間が最も長く、実施種目も最多となる。2021年2月18日から28日まで、張家口市崇礼(すうれい)区の雲頂スキー公園と北京市石景山首鋼パークで開催される。(記者/曲瀾娟)<映像内容>2021年フリースタイルスキー&スノーボード世界選手権のロゴマークの発表、撮影日:2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ フリースタイルスキー スノーボード 世界選手権 ロゴマーク FISフリースタイルスキー インターネット上 シンボルマーク シンボルマーク発表 スキー公園 スノーボード世界選手権 スノーボード世界選手権大会 デザイン パラリンピック プレ大会 万里の長城 世界選手権レベル 世界選手権大会 中国河北省 中国河北省張家口市 北京冬季五輪 北京冬季五輪パラリンピック 国際スキー連盟 実施種目 張家口市 張家口市崇礼 最大規模 最高レベル 河北省張家口市 競技大会 競技期間 雲頂スキー 雲頂スキー公園

映像情報

撮影日
2020/03/18
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
01分26秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4