湖北省支援医療チームの帰還を歓迎福建省
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

湖北省支援医療チームの帰還を歓迎福建省  23日、福建省の福州長楽国際空港で、医療チームのメンバーで福建医科大学付属第一医院の看護師、李亜細(り・あさい)さんにプロポーズした、同空港出入国管理ステーションの審査員、譚穎(たん・えい)さん(手前)。中国福建省の福州長楽国際空港で23日、同省から湖北省宜昌市支援医療チームのメンバーとして派遣されていた254人を乗せたアモイ航空のチャーター機2機が到着した。同チームは現地で42日間にわたり感染症と闘い、このほど無事に任務を完了した。到着した医療従事者はこの後、14日間の隔離観察を受ける。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 医療チーム 帰還 新型肺炎 新型コロナウイルス たんえい アモイ航空 ステーション チャーター機 プロポーズ メンバー 中国福建省 出入国管理 出入国管理ステーション 医療従事者 医科大学 医科大学付属 支援医療 支援医療チーム 歓迎福建省 湖北省支援 湖北省支援医療 福州長楽国際空港 福建医科大学 福建医科大学付属 空港出入国管理 空港出入国管理ステーション 隔離観察

画像情報

登録日時
2020/03/23 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
5344×7980 pixel
解像度
300 dpi
展開サイズ※
122.0(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ