「新華社」成都双遺マラソンヘルスラン、無事スタート四川省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」成都双遺マラソンヘルスラン、無事スタート四川省 中国四川省成都市が管轄する都江堰市の青城山で22日午前10時、「成都双遺(都江堰と青城山はユネスコに認定された世界文化遺産)マラソンヘルスラン2020」の号砲が鳴った。参加した地元ランナー千人は10グループに分かれ、2分間隔でスタートした。成都双遺マラソンの延期を受け、社会の自信を高め、力を結集しようと、大会組織委員会が今回のヘルスランを臨時開催し、双遺マラソンの出場資格を持つ都江堰在住のランナー千人が参加した。都江堰ではこれまで新型コロナウイルスの感染者が確認されていない。(記者/尹恒)<映像内容>「成都双遺マラソンヘルスラン2020」の様子、新型肺炎感染対策で消毒作業するロボットなど、撮影日:2020(令和2)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 消毒 マラソンヘルスラン ロボット IT 科学 技術 グループ スタート スタート四川省 ヘルスラン マラソン ユネスコ ランナー 世界文化遺産 中国四川省 中国四川省成都市 出場資格 四川省成都市 地元ランナー 大会組織委員会 感染対策 新型肺炎感染対策 消毒作業 臨時開催 都江堰在住

映像情報

撮影日
2020/03/22
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
01分12秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4