「新華社」中国初の海底高速鉄道トンネル、海底測量を再開
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中国初の海底高速鉄道トンネル、海底測量を再開 中国浙江省の寧波市から舟山島を結ぶ甬舟(ようしゅう)鉄道建設工事の要となるプロジェクト、金塘海底トンネルの全長は16・2キロメートルで、最深部の深さは78メートルに達する。中国国内で初の海底高速鉄道トンネルであり、その進展は国内外の注目を集める。工事は現在、ボーリングによる測量調査が進められている。海事部門は前月、新型コロナウイルスによる影響を軽減し、操業再開の時期を早めるため、スマートプラットフォームによる遠隔技術審査を実施。武漢、大連、杭州、舟山、寧波など各市の事業主や施工企業、専門家など二十数人が地域の壁を越え交流し、討論した。(記者/顧小立)<映像内容>甬舟鉄道建設工事の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 建設 工事 金塘海底トンネル 交通 スマート スマートプラットフォーム トンネル プラットフォーム プロジェクト ボーリング 中国国内 中国浙江省 塘海底トンネル 建設工事 技術審査 操業再開 新型コロナウイルス 施工企業 海事部門 海底トンネル 海底測量 海底高速鉄道 海底高速鉄道トンネル 測量調査 甬舟鉄道 舟鉄道建設工事 遠隔技術 遠隔技術審査 金塘海底 鉄道建設工事 高速鉄道 高速鉄道トンネル

映像情報

撮影日
2020/03/27
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分07秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4