「新華社」閉鎖中の武当山で太極拳に励む道士たち湖北省十堰市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」閉鎖中の武当山で太極拳に励む道士たち湖北省十堰市 中国湖北省十堰市に位置する武当山風景区内の太和宮で23日、マスクを着けた2人の道士が武当太極拳の稽古をする姿が見られた。武当太極拳は、道士の張三豊(ちょう・さんぼう)が武当山で編み出したとされ、身体の鍛錬法や格闘技として高い価値を持つ。武当山風景区は、新型コロナウイルス感染の予防・抑制措置として1月24日午後2時に一般公開を中止。今月23日までの60日間、完全に閉鎖されていた。25日午前9時から一般公開を再開したが、太和宮と紫霄宮は当面非公開となる。(記者/李偉)<映像内容>閉鎖された武当山で武当太極拳の稽古をする様子、撮影日:2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 武当山 閉鎖 武当太極拳 稽古 中国文化 中国武術 一般公開 中国湖北省 中国湖北省十堰市 予防抑制 予防抑制措置 抑制措置 新型コロナウイルス感染 武当山風景 武当山風景区内 湖北省十堰市 風景区内

映像情報

撮影日
2020/03/23
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
29.97fps
再生時間
02分23秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4