「新華社」四川博物院が一般開放を再開中伊共催の展覧会が人気
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」四川博物院が一般開放を再開中伊共催の展覧会が人気 新型コロナウイルスによる肺炎の流行により、1カ月以上休館していた中国四川省成都市の四川博物院が18日、一般公開を再開した。同博物院とイタリアのパエストゥム考古学遺跡が共同開催する展覧会「地中海を彩色画で描く:ある古代都市の文明と幻想」も再開し、多くの来場者が訪れた。同展覧会は昨年11月26日に開幕、イタリアのパエストゥム考古学遺跡で出土した精巧な文物134点が展示され人気を集め、開館中には約5万人が見学に訪れた。新型肺炎の拡大を受け、同博物院は1月25日から臨時休館を決めた。展覧会はインターネット上に会場を移して公開され、約100万人のネットユーザーがイタリア文物を「オンライン鑑賞」した。鑑賞者は「感染終息後に再訪し地中海文明を楽しみたい」「このような素晴らしい文明を創造したイタリアの人々は、必ず感染との闘いに勝利できると信じている」などのメッセージを残した。中国では現在、新型肺炎の流行ピークが過ぎ、博物館など公共の文化施設は入場制限を設け、感染予防・抑制措置を講じながら徐々に再開している。しかし同展覧会は、引き続きしばらくの間、閉鎖されている。中国とイタリアは今年、国交樹立50周年を迎える。長い歴史を持つ二つの文明の「対話」は両国民間の相互理解と友情の促進を後押しする。両博物館の友好的な協議により、2月26日までだった会期が5月10日まで延長された。(記者/張超群、童芳)<映像内容>四川博物院が一般公開を再開、撮影日:2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 一般公開 再開 イタリア文物 文化 イタリア インターネット上 オンライン オンライン鑑賞 ネットユーザー パエストゥム パエストゥム考古学 パエストゥム考古学遺跡 メッセージ 一般開放 中伊共催 中国四川省 中国四川省成都市 予防抑制 予防抑制措置 入場制限 再開中伊 再開中伊共催 古代都市 四川博物 四川省成都市 国交樹立 地中海文明 感染予防 感染予防抑制 感染終息 抑制措置 文化施設 流行ピーク 相互理解 考古学遺跡 臨時休館

映像情報

撮影日
2020/03/18
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
23.976fps
再生時間
03分34秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4