「新華社」「世界のスーパーマーケット」、イランにマスクを寄付浙江省義烏市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」「世界のスーパーマーケット」、イランにマスクを寄付浙江省義烏市 「世界のスーパーマーケット」として知られる中国浙江省義烏(ぎう)市にある、「国連社区(コミュニティー)」とも呼ばれる鶏鳴山社区で23日、数十箱の段ボール箱に収められた医療用使い捨てマスクがトラックに積み込まれた。これらは在上海イラン領事館を通して、現地住民の新型コロナウイルス感染の予防対策のために寄贈される。全ての段ボール箱には、中国語とペルシャ語で「相知無遠近、万里尚為隣(相知には遠近なく、万里なお隣たり)」「中国・義烏は皆さんと共に感染と闘う」といった言葉が添えられていた。これより前に、同市税務局の職員が市内の外国企業を訪れて減税政策について説明していたところ、イラン出身のビジネスマン、ハミさんが困難な状況にあることを知った。実はハミさんは、新型コロナウイルス感染の拡大が深刻な祖国から要請を受けて、中国国内で各種防疫物資を買い付けていたが、自身の持つ入手ルートには限りがあり、買い付け作業が思うように進んでいなかったのだ。そこで、同税務局は税収のビッグデータを基に、医療用使い捨てマスクの生産が可能な地元企業を速やかに見つけ出し、わずか3日間で8万枚、約13万元(1元=約16円)相当のマスクを生産してイランに寄贈することにした。(記者/殷暁聖)<映像内容>浙江省義烏市がマスクをイランに寄付、外国企業に減税政策について説明する様子、撮影日:2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス マスク 寄付 イラン出身 イラン領事館 コミュニティー スーパーマーケット トラック ビジネスマン ビッグデータ ペルシャ語 上海イラン 上海イラン領事館 中国国内 中国浙江省 中国浙江省義 中国義烏 予防対策 使い捨て 使い捨てマスク 入手ルート 各種防疫 各種防疫物資 同市税務局 国連社区 地元企業 外国企業 寄付浙江省 寄付浙江省義烏市 新型コロナウイルス感染 段ボール箱 浙江省義 浙江省義烏 浙江省義烏市 減税政策 現地住民 買い付け 買い付け作業 防疫物資 鶏鳴山社区

映像情報

撮影日
2020/03/23
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分36秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4