「新華社」貧困扶助企業の生産再開が本格化湖北省当陽市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」貧困扶助企業の生産再開が本格化湖北省当陽市 新型コロナウイルスの患者が連続30日以上発生していない中国湖北省当陽市では、感染拡大が沈静化する中、市民の生産活動や日常生活も急速に回復している。同市精燿村にある薬剤生産基地ではこのところ、中高年の女性10人以上が村の草取り作業に精を出す姿が見られるようになった。同基地は貧困脱却を果たした登録貧困世帯20世帯余りを雇用している。貧困世帯は、農地を基地に転用することで1ムー(約667平方メートル)当たり500元(1元=約16円)の借地料が入るだけでなく、基地で働くことで労働収入も得られる。同市には貧困脱却を支援する企業が4社あり、うち2社が生産を再開した。このほか、合作社(協同組合)や家庭農場の多くも生産を再開している。(記者/程敏、王賢、潘志偉)<映像内容>湖北省当陽市の草取り作業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 空撮 風景 農業 中国湖北省 中国湖北省当陽市 労働収入 協同組合 同市精燿 家庭農場 感染拡大 扶助企業 新型コロナウイルス 日常生活 本格化湖北省 本格化湖北省当陽市 湖北省当陽市 生産再開 生産基地 生産活動 登録貧困 登録貧困世帯 草取り作業 薬剤生産 薬剤生産基地 貧困世帯 貧困扶助 貧困扶助企業 貧困脱却

映像情報

撮影日
2020/03/30
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分04秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4