「新華社」コウノトリのひな、送電塔でふ化
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」コウノトリのひな、送電塔でふ化 中国の国営送電会社、国家電網・南昌電力供給公司送電管理センターの作業員は先月12日、小型無人機(ドローン)による電線点検の際に2羽の鳥が鄱陽(はよう)湖にある送電塔に巣を作っているのを発見した。中国江西省野生動植物保護管理局に連絡したところ、国家一級保護動物のコウノトリであることが確認された。コウノトリを保護するため、作業員はドローンなどを使い、影響を与えないことを前提に、電線の点検・監視を強化している。保護を続けて1カ月、巣の中では5羽のひながふ化している。(記者/陳毓珊、郭傑文)<映像内容>コウノトリの巣、卵や雛の様子、撮影日:2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 動物 生き物 生態 空撮 ドローン コウノトリ センター 一級保護 一級保護動物 中国江西省 中国江西省野生 保護動物 保護管理 公司送電 公司送電管理 動植物保護 動植物保護管理 南昌電力供給 国営送電 国営送電会社 国家一級 国家一級保護 国家電網 国家電網南 国家電網南昌 小型無人機 昌電力供給 昌電力供給公司 江西省野生 江西省野生動植物 点検監視 管理センター 送電会社 送電管理 送電管理センター 野生動植物 野生動植物保護 電力供給 電力供給公司 電力供給公司送電 電線点検

映像情報

撮影日
2020/03/12
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分07秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4