「新華社」安六鉄道の静的検収が開始貴州省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」安六鉄道の静的検収が開始貴州省 中国貴州省で新たに建設された安順と六盤水を結ぶ安六鉄道の静的検収が25日、始まった。同鉄道は国家1級複線旅客輸送専用路線で、総延長が約125キロ、設計速度は時速250キロとなっている。全線で橋梁81本、トンネル62本が通っており、両者を足した距離は88・13キロで、主線部分の75%を占めている。同鉄道は2015年末に建設が始まり、19年末に全線のレール敷設が完了した。静的検収では、高速鉄道の線路上で列車を走らせずに、鉄道検収部門が専用の器具や機器を用いて、各システムの施工品質や技術、設備の性能などについて全面的で細やかな検収・検査を行い、工事が設計に基づいているか、品質が基準を満たしているか、システム機器がきちんと設置され調整が完了しているかなどを確認する。静的検収の終了後は、計画に沿って動的検収や初期検収、安全評価を実施する。(記者/劉続、劉勤兵)<映像内容>安六鉄道の静的検収、撮影日:2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 列車 交通 検収 検査 システム システム機器 トンネル レール敷設 中国貴州省 初期検収 専用路線 施工品質 旅客輸送 旅客輸送専用 旅客輸送専用路線 検収検査 検収部門 複線旅客輸送 複線旅客輸送専用 設計速度 鉄道検収 鉄道検収部門 開始貴州省 高速鉄道

映像情報

撮影日
2020/03/25
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分00秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4