「新華社」ハクチョウの楽園内モンゴル自治区ダラト旗黄河湿地
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」ハクチョウの楽園内モンゴル自治区ダラト旗黄河湿地 中国内モンゴル自治区オルドス市のダラト旗にある黄河湿地には、ここ数日の気温上昇に伴い北帰行のハクチョウ1万羽余りが飛来し、初春の黄河には美しい景色が広がっている。同自治区を通過する渡り鳥の飛行ルート3本は、世界的に重要なルートで、うち1本が同旗黄河湿地を経由している。雪解けが進み、湿地面積が広がることで湿地の生態環境が改善している。同湿地は、プランクトンが豊富で鳥類に最適の生息環境で、ハクチョウの生息数は増え続けている。(記者/李雲平)<映像内容>黄河湿地のハクチョウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 空撮 ドローン 風景 景観 動物 生き物 オルドス市 ダラト旗 ダラト旗黄河 ダラト旗黄河湿地 ハクチョウ プランクトン 中国内モンゴル自治区 中国内モンゴル自治区オルドス市 内モンゴル自治区 内モンゴル自治区オルドス市 内モンゴル自治区ダラト旗 内モンゴル自治区ダラト旗黄河 旗黄河湿地 楽園内モンゴル自治区 楽園内モンゴル自治区ダラト旗 気温上昇 湿地面積 生息環境 生態環境 飛行ルート 黄河湿地

映像情報

撮影日
2020/03/30
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分51秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4