貧困支援作業場が操業再開内モンゴル自治区ウランチャブ市
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

貧困支援作業場が操業再開内モンゴル自治区ウランチャブ市  25日、貧困支援作業場でスリッパを生産するウランチャブ市チャハル右翼前旗平地泉鎮の村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はこのところ、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制を徹底した上で、貧困支援作業場の操業再開を積極的に秩序よく進めている。市内に96カ所ある作業場のうち、既に70カ所が操業を再開しており、操業率は73%に上っている。同作業場で働く従業員は1086人、うち貧困世帯の従業員は348人となっている。(ウランチャブ=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 操業再開 ウランチャブ スリッパ チャハル右翼前旗 チャハル右翼前旗平地 チャハル右翼前旗平地泉 中国内モンゴル自治区 中国内モンゴル自治区ウランチャブ 予防抑制 内モンゴル自治区 内モンゴル自治区ウランチャブ 再開内モンゴル自治区 再開内モンゴル自治区ウランチャブ 平地泉鎮 操業再開内モンゴル自治区 支援作業場 新型コロナウイルス感染 貧困世帯 貧困支援 貧困支援作業場

画像情報

登録日時
2020/03/25 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
4847×3226 pixel
解像度
240 dpi
展開サイズ※
44.7(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ