「新華社」中国の病院、感染との闘い方をビデオ会議で世界と共有
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中国の病院、感染との闘い方をビデオ会議で世界と共有 中国の浙江大学医学院付属邵逸夫医院は27日午前、世界トップの医療連盟である米メイヨー・クリニック・ケアネットワークとテレビ会議を行い、中国の病院が新型コロナウイルスの感染と闘う中で実施した予防・治療措置や経験を共有した。会議は米国や韓国、アラブ首長国連邦、インド、メキシコなど47医療機関のメンバーに公開。湖北省武漢市や荊門市で感染対策の最前線にいる医療チームの専門家ともつながった。浙江大学医学院付属邵逸夫医院の蔡秀軍(さい・しゅうぐん)院長は同医院の「全連鎖式感染予防・抑制イノベーションシステム」について詳しく紹介。これにはスタッフのスマートタイムカードや「健康コード」区分による診察、インターネット病院のオンライン問診などの革新的な取り組みが含まれると述べた。(記者/崔力、兪菀)<映像内容>新型肺炎の情報を共有するテレビ会議の様子、撮影日:2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス テレビ会議 医療 さいしゅうぐん ゅうぐん アラブ首長国連邦 イノベーション イノベーションシステム インターネット インターネット病院 オンライン オンライン問診 ケアネットワーク システム スタッフ スマートタイムカード ネットワーク ビデオ会議 メイヨークリニック メイヨークリニックケア メイヨークリニックケアネットワーク メキシコ メンバー 世界トップ 予防抑制 予防抑制イノベーション 予防治療 予防治療措置 付属邵逸夫 医療チーム 医療機関 医療連盟 取り組み 感染予防 感染予防抑制 感染対策 抑制イノベーション 抑制イノベーションシステム 治療措置 浙江大学 浙江大学医学 湖北省武漢市 米メイヨークリニック 米メイヨークリニックケア 逸夫医院 邵逸夫医院

映像情報

撮影日
2020/03/27
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分29秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4