「新華社」【字幕あり】中国の研究者、超小型多機能軟体ロボットを開発
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」【字幕あり】中国の研究者、超小型多機能軟体ロボットを開発 中国科学院深圳先進技術研究院の研究者がこのほど、運動、変形、変色の機能を一体化した超小型多機能軟体ロボットの開発に成功した。生物医学や環境モニタリングなどの分野での応用が期待される。研究プロジェクトのリーダーを務める深圳先進技術研究院の杜学敏(と・がくびん)研究員は、ロボットのサイズがミリメートル級で、ウナギの幼生(レプトケファルス)のような形をしていると説明。環境への適応能力が高いタコの特徴を模倣することで、構造設計と材料性能を両立させるという難題を克服したことが研究の革新的成果だと述べた。研究スタッフが磁場の方向と周波数を調整することで、ロボットは水中で爬行(はこう)や転動、揺動、らせん状の前進などの動きができるようになり、高さ2ミリと幅450マイクロメートルという2種類の規格の通路も正確に通過できる。ロボットは運動機能の他に変形や変色の機能も備えている。通り抜けようとする穴のサイズが自身の体よりも小さい場合、光熱作用で体のサイズを35%まで縮小でき、本来のサイズより狭い空間も通過できる。また、温度の変化に応じて体の色を変化させることで、周囲の環境変化に即座に対応することが可能となっている。(記者/陳宇軒)<映像内容>超小型多機能軟体ロボットの開発に成功、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 ロボット 開発 がくびん スタッフ プロジェクト ミリメートル モニタリング リーダー レプトケファルス 中国科学院 中国科学院深圳 中国科学院深圳先進 先進技術 先進技術研究 光熱作用 技術研究 材料性能 構造設計 深圳先進 深圳先進技術 環境モニタリング 環境変化 生物医学 研究スタッフ 研究プロジェクト 運動機能 適応能力 革新的成果

映像情報

撮影日
2020/03/31
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
03分06秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4