「新華社」内モンゴル自治区アルシャー右旗で新たな古代岩絵遺跡発見
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」内モンゴル自治区アルシャー右旗で新たな古代岩絵遺跡発見 中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー右旗でこのほど、考古学者が岩絵群遺跡を新たに発見した。確認された岩絵は計11点。今回発見された布徳日根呼都格岩絵群遺跡はアルシャー右旗から273キロの場所にあり、岩絵は花崗岩(かこうがん)に刻まれていた。内容は主に人面像を中心とし、11点の岩絵のうち1点が「騎馬人」を描いているほか、残る10点はいずれも人面像か円形の図案で、丸形や扁長形、長方形などの形状をしていた。比較的シンプルに描かれた符号に近い図形がある一方で、やや複雑な、一種の符号を組み合わせたような図形もあった。アルシャー右旗文物保護センターの范永竜(はん・えいりゅう)主任は、新たに発見された岩絵は基本的に全て表面を研磨した後に描画する「磨刻(まこく)」で、これ以前にアルシャー右旗で発見された73カ所の岩絵と、制作技法や表現内容、深さの程度に大きな違いが見られると指摘。今回の発見は、アルシャー巴丹吉林(バダインジャラン)岩絵の起源と変遷の研究を進める上で、重要な材料と裏付けを提供するものだという。同センターは今後、専門家を招いて今回見つかった岩絵について時代考証や研究、保護などを進める考え。(記者/張晟)<映像内容>内モンゴル自治区アルシャー右旗で発見された岩絵群遺跡、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 考古学 歴史 文化 岩絵 空撮 ドローン えいりゅう アルシャー アルシャー右旗 アルシャー右旗文物 アルシャー右旗文物保護 アルシャー巴 アルシャー巴丹 アルシャー盟 アルシャー盟アルシャー右旗 センター バダインジャラン 中国内モンゴル自治区 中国内モンゴル自治区アルシャー盟 保護センター 内モンゴル自治区 内モンゴル自治区アルシャー右旗 内モンゴル自治区アルシャー盟 制作技法 古代岩絵 古代岩絵遺跡 岩絵群遺跡 岩絵遺跡 岩絵遺跡発見 巴丹吉林 布徳日根 徳日根呼 文物保護 文物保護センター 日根呼都 時代考証 考古学者 表現内容 遺跡発見

映像情報

撮影日
2020/03/28
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分53秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4