夜間経済を推進魅力溢れる「音楽書店」オープン上海市
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

夜間経済を推進魅力溢れる「音楽書店」オープン上海市  3月27日、音楽書店の向かいにある「極東第一楽団」と呼ばれる上海交響楽団の本拠地。この辺りは今後、国際音楽文化街区として整備される。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、世界中の書店や美術館、劇場が営業停止に追い込まれる中、中国上海市にこのほど、音楽関連の書籍などを扱う魅力あふれる「音楽書店」がオープンし、人々の心を癒している。また、同市には今年下半期に敷地面積1400平方メートルあまりの演劇書店がオープンし、「24時間営業+深夜食堂」の特色あるサービスを展開、上海市が提唱する「夜間経済(ナイトタイムエコノミー)」「夜間消費」に応えるものとなる見通し。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 音楽書店 ロゴマーク 夜間経済 オープン オープン上海市 サービス ナイトタイムエコノミー 上海交響楽団 中国上海市 営業停止 国際音楽 国際音楽文化街 夜間消費 感染拡大 推進魅力 敷地面積 新型コロナウイルス 新型コロナウイルス感染拡大 極東第一 極東第一楽団 深夜食堂 演劇書店 第一楽団 音楽文化街 音楽関連

画像情報

登録日時
2020/03/27 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3024×4032 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
34.8(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ