「新華社」杭州市、16億8千万元分の電子クーポンを発行経済持ち直しへ
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」杭州市、16億8千万元分の電子クーポンを発行経済持ち直しへ 中国浙江省杭州市はこのほど、総額16億8千万元(1元=約15円)の消費クーポン券を発行して消費活動を活性化させると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大が地元経済に与えた影響を緩和するのが狙い。アリババグループのモバイル決済アプリ「支付宝(アリペイ)」を通じて電子クーポン券を受け取り、店舗での決済時に使うと割引が適用される。市内の飲食店や商業施設など600万店舗で利用できる。第1弾として発行された50元相当のクーポン券200万枚は、3月27日から利用が始まっている。市政府が地元の飲食店や商業施設、アリペイと連携して、市内の商業分布や消費者ニーズなどの実情に合わせて策定した。アリババ傘下の金融会社、螞蟻金融服務集団(アント・フィナンシャル)の王東興(おう・とうこう)ゼネラルマネジャーは、これらのクーポン券がサービス業のデジタル化を促進し、さまざまな業態の消費ニーズを引き出していくと指摘。景気を回復させ、店舗の通常営業再開を後押しすると評価した。中国チーフエコノミストフォーラム(CCEF)の李迅雷(り・じんらい)副理事長は、新型コロナの影響で落ち込んだ消費意欲を回復させるため、適切な刺激策を講じる必要があると指摘。各地の政府がインターネットプラットフォームや店舗と協力してこうした取り組みを行うことで、新型コロナの終息期に消費を大きく上向かせることになるとの見方を示した。(記者/李濤、張璇)<映像内容>浙江省杭州市が消費活動の活性化のため電子クーポンを発行、ライブ配信の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 消費活動 クーポン券 経済 2次元バーコード QRコード IT CCEF QRコード りじんらい アリババ アリババグループ アリババ傘下 アリペイ アントフィナンシャル インターネット インターネットプラットフォーム エコノミスト エコノミストフォーラム クーポン サービス業 ゼネラルマネジャー チーフエコノミスト チーフエコノミストフォーラム デジタル化 バーコード フォーラム プラットフォーム モバイル モバイル決済 モバイル決済アプリ ライブ配信 中国チーフ 中国チーフエコノミスト 中国浙江省 中国浙江省杭州市 取り組み 商業分布 商業施設 営業再開 地元経済 感染拡大 持ち直し 新型コロナ 服務集団 決済アプリ 浙江省杭州市 消費クーポン 消費ニーズ 消費意欲 消費者ニーズ 発行経済 発行経済持ち直し 経済持ち直し 螞蟻金融 蟻金融服務 通常営業再開 金融会社 金融服務 金融服務集団 電子クーポン

映像情報

撮影日
2020/04/01
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
01分33秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4