「新華社」知的財産権の「現金化」加速で中小企業の生産再開後押し江西省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」知的財産権の「現金化」加速で中小企業の生産再開後押し江西省 新型コロナウイルス感染の発生以来、中国江西省の多くの地方政府が、知的財産権担保融資の特別優先枠の設置や関連サービス事項のネット手続き措置を実施し、適時に中小企業が知的財産権担保融資で直面する困難の解決を支援、営業・生産再開を後押ししている。同省鷹潭市のハイテク産業開発区にある、医療器械企業にとって重要な川上企業の一つ、江西江南新材料科技は生産再開当初、原材料の代金が月末締めから現金決済に変わったため、資金繰りが非常に厳しくなった。同市市場監督管理局が直面する問題の解決に乗り出し、同社は知的財産権を担保に1500万元(1元=約15円)の融資を得た。同社の生産能力はすでに100%回復している。知的財産権担保融資は企業の特許権や商標権、著作権などの知的財産権を担保とする融資。中小企業が融資を申請した場合、往々にして担保不足の問題が起こるが、知的財産権担保融資によって企業の資金繰りを改善し、知的財産権の実用化を加速させ、企業のコア・コンピタンスを強化することができる。(記者/郭傑文)<映像内容>知的財産権担保融資で資金繰りを改善、工場の生産の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 知的財産権 生産再開 コアコンピタンス サービス サービス事項 ネット手続き ネット手続き措置 ハイテク ハイテク産業 ハイテク産業開発 中国江西省 中小企業 再開後押し 再開後押し江西省 医療器械 医療器械企業 同市市場 同市市場監督 同省鷹潭 営業生産 営業生産再開 器械企業 地方政府 川上企業 市場監督 市場監督管理 後押し江西省 手続き措置 担保不足 担保融資 新型コロナウイルス感染 月末締め 材料科技 江西江南 現金決済 生産再開後押し 生産能力 産業開発 監督管理 知的財産権担保 知的財産権担保融資 資金繰り 関連サービス 関連サービス事項

映像情報

撮影日
2020/04/01
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分09秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4