「新華社」新型コロナ医療廃棄物の管理を重視、医療従事者らが清掃・消毒を担当重慶市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」新型コロナ医療廃棄物の管理を重視、医療従事者らが清掃・消毒を担当重慶市 新型コロナウイルスに関連する医療廃棄物の管理は、医原性感染を効果的に予防・抑制する上で極めて重要。2カ月にわたる感染症との闘いを通じて、中国の病院は新型コロナウイルス関連医療廃棄物の管理で重要な経験を積んでいる。重慶市公共衛生医療救護・治療センターは、新型肺炎の重篤・重症患者を集中的に受け入れて治療する病院。同センター感染科の孫慶雲(そん・けいうん)科長は、新型コロナウイルス関連の医療廃棄物の収集・処理について、通常通り管理会社に依頼すれば、清掃員の医学知識不足や高齢といった原因から、潜在的な安全上のリスクがあると指摘。そのため、同センターでは、各診療科の医療従事者と事務職員から募ったボランティアが清掃と消毒作業を担当し、感染を防いでいると述べた。25歳の看護師、何傑(か・けつ)さんも、同センターに26人いる医療廃棄物処理ボランティアの1人。彼は毎日、防護服を着用して汚染エリアと潜在的汚染エリアで医療廃棄物の収集と中継輸送を行っている。廃棄物の入ったゴミ箱は密封と消毒が行われた後、新型コロナウイルス感染症対応ための指定医療廃棄物処理会社に引き渡され、無害化処理される。新型コロナウイルス関連医療廃棄物の病院内一時保管は、24時間を上回ってはならないとされている。孫科長によると、新型コロナウイルス関連の医療廃棄物管理の難しい点は、主に清掃と消毒担当に対する全員の重視度を高めることにあるという。そのために、専門スタッフを採用したり、清掃と消毒担当の専門技能の訓練を強化したりすることを提案している。(記者/谷訓)<映像内容>新型肺炎の医療廃棄物の管理の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 医療廃棄物 そのため そんけい コロナ医療廃棄物 スタッフ センター センター感染 ボランティア 中継輸送 予防抑制 事務職員 公共衛生 公共衛生医療 処理ボランティア 処理会社 医学知識不足 医療廃棄物処理 医療廃棄物処理ボランティア 医療廃棄物処理会社 医療廃棄物管理 医療従事者 医療救護 医療救護治療 収集処理 専門スタッフ 専門技能 感染症対応 担当重慶市 指定医療廃棄物 指定医療廃棄物処理 救護治療 救護治療センター 新型コロナ 新型コロナウイルス感染症 新型コロナウイルス感染症対応 新型コロナウイルス関連 新型コロナウイルス関連医療廃棄物 新型コロナ医療廃棄物 汚染エリア 治療センター 消毒作業 消毒担当 清掃消毒 潜在的汚染 潜在的汚染エリア 知識不足 管理会社 衛生医療 衛生医療救護 重慶市公共 重慶市公共衛生 重症患者 重篤重症 重篤重症患者 関連医療廃棄物

映像情報

撮影日
2020/04/01
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
02分33秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4