特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月25日、ウランチャブ市商都県十八頃鎮泉脳子村が整備した平飼い鶏の鶏舎で卵を集める村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 畜産 貧困脱出 産業 ウランチャブ 中国内モンゴル自治区 中国内モンゴル自治区ウランチャブ 内モンゴル自治区 内モンゴル自治区ウランチャブ 協同組合 後押し内モンゴル自治区 扶助補助 生活困窮者 産業モデル 貧困世帯 貧困扶助 貧困扶助補助 貧困脱却 近代農業 難関攻略

画像情報

登録日時
2020/03/25 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
1495×2110 pixel
解像度
240 dpi
展開サイズ※
9.0(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ