「新華社」5G技術を応用した武漢大学の花見動画、7億5千万回再生
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」5G技術を応用した武漢大学の花見動画、7億5千万回再生 中国湖北省武漢市の武漢大学は桜の名所として知られている。おおまかな統計によると、花見のピーク時には外部からの人数を制限しなければ、1日当たりの花見客は延べ10万人を超える。新型コロナウイルスの影響で、同大学は今年、厳しい閉鎖管理を実施し、構内の一般開放をしていない。その一方で、桜を楽しみたいという人々の要望に応えるため、同大学は多くのメディアと協力し、共同でインターネットを通じた「オンライン花見」サービスを行った。「オンライン花見」は16日から12日間続けられ、再生回数は累計7億5千万回に達した。第5世代移動通信システム(5G)伝送技術を通じて、数億人の視聴者が、1日6時間リアルタイムで公開される同大学の満開の桜を楽しんだ。統計によると今回の「オンライン花見」に参加した、国内外のライブ配信プラットフォームは合計1千社を超え、中国電子商取引(EC)大手のアリババなども中継に関わった。花見の視覚体験を最大限に高めるため、「オンライン花見」は5G、4K、VR(仮想現実)、AI(人工知能)を組み合わせたライブ中継技術が応用された。5G技術が持つ大容量・低遅延という特徴を生かし、4KやVR、AI搭載無人ライブ中継車などの新たなテクノロジーを駆使して、同大学の桜が世界の視聴者の目の前でリアルタイムに咲き誇った。観衆は手元のスマートフォンを動かすだけで、5G+VRライブ中継レンズを通じて時間と空間の制限を飛び越えて、360度のパノラマで花見ができる。同大学の「オンライン花見」が公開されると、大勢のネットユーザーから注目され好評を博した。「オンライン花見」に関する話題は、中国最大のSNS「微博(ウェイボー)」で数億回閲覧され、微博人気ランキングに10回以上入った。また、ライブ中継に関する動画は、中国の短編動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」の人気ランキングで首位となった。視聴者は桜を鑑賞しながら、コメント欄に幸せを祈る言葉を投稿し、感染との闘いに打ち勝つエールを送った。同大学内には現在1千株以上の桜があり、主な品種には、ソメイヨシノやサトザクラ、シダレザクラ、ヒマラヤザクラの4種がある。(記者/李偉)<映像内容>武漢大学の桜、5Gを使ったオンライン花見サービス、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 武漢大学 オンライン花見 インターネット 5G IT 風景 景観 AI搭載 AI搭載無人 VRライブ VRライブ中継 アリババ ウェイボー オンライン オンライン花見サービス コメント欄 サトザクラ サービス シダレザクラ スマートフォン ソメイヨシノ テクノロジー ドウイン ネットユーザー パノラマ ヒマラヤザクラ ピーク時 プラットフォーム メディア ライブ中継 ライブ中継レンズ ライブ中継技術 ライブ中継車 ライブ配信 ライブ配信プラットフォーム ランキング リアルタイム 一般開放 中国最大 中国湖北省 中国湖北省武漢市 中国電子商取引 中継レンズ 中継技術 人工知能 人気ランキング 仮想現実 伝送技術 共有アプリ 再生回数 動画共有 動画共有アプリ 微博人気 微博人気ランキング 搭載無人 搭載無人ライブ 桜の名所 湖北省武漢市 無人ライブ 無人ライブ中継車 短編動画 短編動画共有 花見サービス 花見動画 視覚体験 閉鎖管理 電子商取引

映像情報

撮影日
2020/04/02
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
23.976fps
再生時間
00分23秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4