水島臨海鉄道の新デザインの車両
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

水島臨海鉄道の新デザインの車両  水島臨海鉄道の新デザインの車両。倉敷市中心部と水島地区を結ぶ水島臨海鉄道(倉敷市水島東栄町)は、1970年4月の営業開始から50年を迎えたのを記念し、車両1両をリニューアルした。開業記念日の1日から営業運行している。ひまわりの図柄が描かれていた同鉄道のオリジナル車両「MRT303」号を再塗装。飛躍への情熱と安全への思いを込め、赤と青のツートンカラーに仕上げた。列車の先頭には50周年を記念したオリジナルデザインのヘッドマークを1年間限定で取り付けている。=2020(令和2)年4月1日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

タグ ひまわり オリジナル オリジナルデザイン オリジナル車両 ツートンカラー デザイン ヘッドマーク リニューアル 倉敷市中心部 倉敷市水島東栄町 営業運行 営業開始 山陽新聞 岡山県倉敷市 水島地区 水島臨海鉄道 開業記念

画像情報

登録日時
2020/04/01 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
山陽新聞

データサイズ

画像サイズ
2656×3984 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
30.2(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ